睡眠サプリのオススメはこちら!

睡眠サプリでぐっすりと

成分について

睡眠サプリに含まれている成分

投稿日:2017年2月20日 更新日:

睡眠サプリの中に含まれている代表的な成分は?

睡眠サプリは健康食品なので、食べ物や植物の中に入っている成分や栄養素が含まれています。

様々な成分が身体の内側から働きかけ、自然な眠りを得てゆっくりと休息できるように促してくれるのです。

サプリメントと一口に言っても現在では様々なメーカーから製品が販売されており、以下では代表的な成分の効果をまとめてみました。

アミノ酸

睡眠サプリの中でも、アミノ酸を含む製品は数多く販売されています。

・体内では合成されず、食べ物など外部から摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸
・体内で作り出すことができるが、食べ物からもバランス良く取り入れたい11種類の非必須アミノ酸

タンパク質を構成しているのは上記の20種類のアミノ酸で、どれも私たちが生きていくために欠かせません。

これらの中で睡眠や快眠と大きく関わっている成分を見ていきましょう。

・夜の眠りと朝の目覚めをサポートするトリプトファン
・眠りを深くして睡眠の質を向上させるグリシン

トリプトファンに関しては必須アミノ酸に分類されるので、食べ物やサプリメントなど外部から何かしらの形で摂取が必要です。

そこで、睡眠サプリメントの潤睡ハーブをおすすめします。

潤睡ハーブの中には原材料として淡水に生息する藻のクロレラが使われており、20種類のアミノ酸を全て補給できるので身体の内側から眠りやすい体質へと導いてみてください。

>>潤睡ハーブの詳細はこちら<<

GABA(ギャバ)

GABA(ギャバ)も睡眠サプリの中に配合されている代表的な成分で、神経伝達物質の一種です。

・眠りへと直接働きかけるのではなくストレス対策に効果を発揮する
・ドーパミンやグルタミン酸を抑えて神経を落ち着かせる
・血圧を下げる作用を持つので高血圧対策としても用いられる
・コレステロールや中性脂肪を抑えて生活習慣病を予防する

上記のような働きを持ち、睡眠の質を改善するとともに高血圧や脂質異常症といった生活習慣病の予防も促してくれます。

テアニン

テアニンを含む睡眠サプリも現在では増えており、お茶の中に配合されている旨味成分です。

体内に入ることでどのように働きかけてくれるのか見ていきましょう。

・カフェインの摂取による興奮作用を抑制する
・学習能力や集中力を向上させる
・α波を出現させてリラックス効果を高める

興奮を鎮めたりリラックス効果を高めたりしてくれるからこそ、睡眠サプリの成分として使われています。

L-テアニンを200mg含む健康食品を使い、10人中7人の寝付きが良くなったという臨床試験も以前に行われているので、この成分を含んでいるかどうかで比較してみましょう。

潤睡ハーブ

このジャンルのサプリランキング1位の実績
・爆発的な人気の「潤睡ハーブ」。
・発酵GABAその他の成分が全て天然素材のため安心。
・85%以上の人が効果を実感。
・キャンペーン中につき1粒66円から飲み始められる。
合わなかった場合は10日間の安心返金保証

リラクミンシリーズ

・メンタルサプリの専門店から「不眠のタイプ」に合わせた購入が可能
・不眠のタイプに合わせて購入できるので効果が実感しやすくなります!

爽眠アルファ

・テアニンの効果で熟睡感・中途覚醒時間の減少など睡眠の質を高める。
・今なら7520円→1950円で!

-成分について
-,

Copyright© 睡眠サプリでぐっすりと , 2018 AllRights Reserved.