睡眠サプリのオススメはこちら!

睡眠サプリでぐっすりと

副作用について

睡眠サプリに副作用のリスクはある?

投稿日:2017年2月21日 更新日:

睡眠サプリに副作用のリスクはあるの?

結論から言うと、睡眠サプリや快眠サプリメントには副作用が一切ありません

安全に入眠を促したり寝付きを良くしたりといったサポートが期待でき、医薬品とは違って健康補助食品なのが大きな理由です。

睡眠薬などの医薬品⇒直接的に眠らせる主作用がある代わりに不快な副作用のリスクがある
睡眠サプリ⇒医薬品成分は一切含まれておらず、食べ物や植物など自然の成分や栄養素が中心

このような違いがあり、副作用で身体を傷付ける心配がないのがメリットだと言えるでしょう。

睡眠サプリがおすすめの人は?

睡眠サプリは以下に該当する人におすすめです。

・以前に医師から処方された睡眠薬を服用して副作用で悩まされた
・身体へと負担を与えることなく自然な形で眠りたい
・睡眠薬を服用するほど不眠の症状は悪化していない

睡眠薬には医薬品成分が含まれているので、中々寝付けない人でも規定量を服用すれば直ぐに眠れます。

しかし、「睡眠薬がなければ眠れない」といった状態に陥るケースは少なくありません。

睡眠サプリであればそのような副作用は一切ありませんし、健康補助食品だからこそ安全に摂取して身体の内側から体質改善を図ってくれるのです。

睡眠や休息に関する悩みを抱えている方は、自然の恵み成分が含まれたサプリメントの潤睡ハーブを飲んでみましょう。

・良質なアミノ酸が20種類も含まれている
・イライラに打ち勝つGABA(ギャバ)を摂取できる
・ギャバとの相性が良いラフマエキスを含む

潤睡ハーブはこれらのハーブ成分で構成されており、初めて飲む方のために10日間の返金保証制度も用意されているので一度試してみてください。

>>潤睡ハーブの詳細はこちら<<

 

睡眠薬の服用で引き起こされる副作用とは?

睡眠サプリや快眠サプリメントとは異なり、睡眠薬の服用によって様々な副作用のリスクがあります。

・医薬品成分が分解される時に肝臓へと負担が加わる
・寝起きにグッタリとした感じになって午前中も続く
・集中力や注意力が散漫になって仕事や勉強に悪影響が加わる
・ふらつきやめまいが引き起こされる
・倦怠感や脱力感が続く

近年の睡眠薬は以前と比べて安全性が高いものが多く、不眠症で病院を受診して医師から作用が強力なお薬をいきなり処方されることはありません。

それでも、医薬品成分が含まれている点では一緒ですし、「効果がないから服用量を増やそう」と自己判断で飲むのは危険です。

睡眠薬を服用しても強制的に眠らせているだけで、不眠症やうつ病の根本的な対策には繋がらないため、なるべく睡眠サプリで体質改善を図りましょう。

潤睡ハーブ

このジャンルのサプリランキング1位の実績
・爆発的な人気の「潤睡ハーブ」。
・発酵GABAその他の成分が全て天然素材のため安心。
・85%以上の人が効果を実感。
・キャンペーン中につき1粒66円から飲み始められる。
合わなかった場合は10日間の安心返金保証

リラクミンシリーズ

・メンタルサプリの専門店から「不眠のタイプ」に合わせた購入が可能
・不眠のタイプに合わせて購入できるので効果が実感しやすくなります!

爽眠アルファ

・テアニンの効果で熟睡感・中途覚醒時間の減少など睡眠の質を高める。
・今なら7520円→1950円で!

-副作用について
-,

Copyright© 睡眠サプリでぐっすりと , 2018 AllRights Reserved.