睡眠サプリのオススメはこちら!

睡眠サプリでぐっすりと

副作用について

睡眠サプリに依存性はある?

投稿日:2017年2月22日 更新日:

睡眠サプリに依存性はあるの?

 

睡眠サプリの中には医薬品成分が入っていないので、副作用だけではなく依存性もありません。

どの製品も自然由来の植物から採取されたエキスや成分を凝縮させており、食べ物の中にも入っているので安心です。

①睡眠サプリを長期間に渡って飲み続ける
②だんだんと効き目がなくなってくる
③睡眠サプリがなければ眠れない状態になる

こういったリスクは一切ありませんし、メーカーから推奨されている量を守って摂取していれば身体に害が加わることはないでしょう。

病気の治療効果はないので1日や2日で変化を実感するのは難しいものの、依存性がないので長く飲み続けられます。

・眠りと密接な関わりを持つ成分や栄養素を補給する
・少しずつ自然と眠れるような体質へと導く
・ゆっくりと休息して日々の疲れを回復させられる

睡眠サプリにはこのような働きがあり、安全性が高いと言われている理由です。

近年の睡眠薬には依存性がない

「睡眠薬=依存性が高い」とイメージしている方は少なくありません。

確かに、以前は強力な作用を持つバルビツール酸系の睡眠薬が処方されていました。

しかし、現在では極度の不眠症でなければ処方されませんし、オーソドックスなベンゾジアゼピン受容体作動薬は服用すること自体が快楽や多幸感を生む薬物ではないので依存性は少ないのです。

その代わりに睡眠薬には下記のようなデメリットがあります。

・筋肉を弛緩させる作用でふらつきやめまいなどの副作用が起こる
・不眠や不安感などの離脱症状によって睡眠薬が手放せなくなる
・長期間に渡って服用すると少しずつ効き目がなくなってくる(強い薬に変えなければならない)
・服用して眠ることができても根本的に不眠症を解消できているわけではない

医師から指示された量や回数をしっかりと守っていれば危険性は少なくても、副作用のリスクを回避することはできません。

それに、根本的な改善には繋がらないのが最大のデメリットなので、体質改善を図って寝付きを良くしたり眠りの質を高くしたりできる睡眠サプリがおすすめです。

当サイトでは休眠サプリランキングで1位を獲得している潤睡ハーブをご紹介しており、「何度も夜中に起きる」「寝付きが良くない」「夜が来ると不安になる」といった悩みを抱えている方のために開発されました。

・睡眠薬を服用する生活から抜け出すことができました
・寝覚めのスッキリ感の違いを感じています
・眠れない状態がかなり改善されました

このような口コミの評判を得ており、初回は1,980円と格安の料金で購入できるので一度潤睡ハーブを試してみてください。

>>潤睡ハーブの詳細はこちら<<

潤睡ハーブ

このジャンルのサプリランキング1位の実績
・爆発的な人気の「潤睡ハーブ」。
・発酵GABAその他の成分が全て天然素材のため安心。
・85%以上の人が効果を実感。
・キャンペーン中につき1粒66円から飲み始められる。
合わなかった場合は10日間の安心返金保証

リラクミンシリーズ

・メンタルサプリの専門店から「不眠のタイプ」に合わせた購入が可能
・不眠のタイプに合わせて購入できるので効果が実感しやすくなります!

爽眠アルファ

・テアニンの効果で熟睡感・中途覚醒時間の減少など睡眠の質を高める。
・今なら7520円→1950円で!

-副作用について
-,

Copyright© 睡眠サプリでぐっすりと , 2018 AllRights Reserved.