睡眠サプリのオススメはこちら!

睡眠サプリでぐっすりと

効果効能のこと

睡眠サプリと睡眠薬の違い

投稿日:

睡眠サプリと睡眠薬の違いは?

睡眠サプリと睡眠薬を同じようなものだとイメージしている方は少なくありません。

しかし、身体への作用機序や配合されている成分に違いがあり、以下では詳しくまとめてみました。

健康食品なのか医薬品なのかという違い

睡眠サプリは健康食品、睡眠薬は医薬品に分類されるのが大きな違いです。

睡眠サプリ⇒国が定める医薬品成分を含んでおらず、安全性が高い健康食品に分類される
睡眠薬⇒医療用医薬品に分類されて医師の処方箋がなければ入手できない

快眠を促すようにサポートしてくれる点では一緒でも、マイスリーやハルシオンを中心とする睡眠薬は医薬品なので積極的に勧められることはありません。

配合されている成分や目的の違い

睡眠サプリと睡眠薬では配合されている成分に違いがあり、どのようなものが代表的なのか見ていきましょう。

<睡眠サプリの成分>
・神経伝達物質の一つでストレス対策に繋がるギャバ
・アミノ酸の一種で深い眠りを得られるグリシン
・リラックス系のホルモンのセロトニンに変わるトリプトファン

<睡眠薬の成分>
・鎮静作用で眠気を促すジフェンヒドラミン
・脳の神経を鎮める作用を持つトリアゾラム
・不安や緊張感を解して脳の神経を鎮めるゾルピデム

成分の種類によって身体への作用の仕方が異なり、睡眠薬は医薬品成分で直接的に眠らせるのに対して睡眠サプリは眠れなくなった身体の体質改善と目的も違うのです。

つまり、睡眠薬は一時的な効果しか得られず、不眠症や睡眠障害の根本的な改善には繋がりません

一方で睡眠サプリは自然の成分や栄養素を補い、穏やかな作用でしっかりと休めるような身体にしてくれるメリットがあります。

普段の食事では効率良く補うことができないので、眠りの質を改善したい人は睡眠薬ではなく最初に睡眠サプリの潤睡ハーブを使ってみてください。

>>潤睡ハーブの詳細はこちら<<

副作用の有無

睡眠サプリは食べ物の中に入っている栄養素や植物エキスが中心なので、副作用のリスクは一切ありません。

その点、睡眠薬の中には医薬品成分が入っているので飲み続けるうちに副作用で悩まされることがあります。

・寝起きの倦怠感が酷くなる
・日中にぼんやりとした感じが続く
・筋弛緩作用でふらつきや脱力感が生じる
・頭痛が酷くなったり頭が重くなったりする

これらの症状が代表的で、自己判断で長期間に渡って服用を続けるのは危険です。

もちろん、睡眠サプリでもアレルギー症状を引き起こすことはあり、商品を選ぶ前にアレルゲンとなる植物成分が入っていないかどうかしっかりと確認してください。

潤睡ハーブ

このジャンルのサプリランキング1位の実績
・爆発的な人気の「潤睡ハーブ」。
・発酵GABAその他の成分が全て天然素材のため安心。
・85%以上の人が効果を実感。
・キャンペーン中につき1粒66円から飲み始められる。
合わなかった場合は10日間の安心返金保証

リラクミンシリーズ

・メンタルサプリの専門店から「不眠のタイプ」に合わせた購入が可能
・不眠のタイプに合わせて購入できるので効果が実感しやすくなります!

爽眠アルファ

・テアニンの効果で熟睡感・中途覚醒時間の減少など睡眠の質を高める。
・今なら7520円→1950円で!

-効果効能のこと

Copyright© 睡眠サプリでぐっすりと , 2018 AllRights Reserved.