睡眠サプリのオススメはこちら!

睡眠サプリでぐっすりと

睡眠薬

最も強い睡眠薬

投稿日:

最も強い睡眠薬はどれ?

処方される睡眠薬の中で最も強いものは一般的にベゲタミンAと言われています。
ベゲタミンAは

・コントミン
・ピレチア
・フェノバール

の合剤で、そのどれもが向精神薬(一つは抗けいれん薬)になっています。つまり向精神薬の作用で強引に眠らせれるというタイプの薬になります。しかし、この中身がどれも古いタイプのものであり、副作用も強くなります。

副作用には依存性もあり乱用する人が出てきたり、耐性が尽きやすかったり(慣れて効かなくなること)と薬としては色々な問題を抱えているため、販売中止になるようです。(2017年4月現在は経過措置として出回っている)

またベゲタミンBという薬もありますが、これはAよりも弱めというだけで中身は変わりません。

今まで最強の睡眠薬として君臨してきたベゲタミンも終焉も迎えるようです。

ベゲタミンと同程度の強さの睡眠薬

・ラボナ
・イソミタール

などがあり、ベゲタミンを服用していた方はこれらに頼らざるを得ない状況になりますが、どれもが古いタイプの薬であり、そのため副作用も強くなっています。ですので、早めにより安全なものに切り替えてもらうことをオススメします。

睡眠の質においても古いタイプの睡眠薬というのは気絶に近い状況で、無理やり眠らせるので決して良質の睡眠とは言えません。研究の進んだ今では、強さだけでなく睡眠の質も確保できるようなものが出ています。これを機会に新しい睡眠薬(たとえばドラール)に切り替えることを考えましょう。

もちろん、これらは医師との相談のもとに行って下さい。勝手に断薬すれば「反跳性不眠」という強烈な副作用が出ることがあります。

反跳性不眠というのは無理な断薬をした時にでる副作用で、どんな薬を使っても眠れなくなるという恐ろしいものです。睡眠薬の副作用に不眠が出るというのは皮肉な話ですが、だからこそ、自分で加減せずに医師との相談のもとに調整しましょう。

ベゲタミンのような強い睡眠薬ならなおさらのことです。

睡眠サプリで最も強いものはどれか?

睡眠サプリには強い弱いという概念がありません。
睡眠薬においても強い弱いという概念よりも、どのように効くかということで分類されています。

【睡眠薬の分類】
・短期・超短期:寝付きが悪い人向け
・中期:途中覚醒
・長期:早朝覚醒

長く効くものは、次の日に眠気が残ったり、起きれなかったりするため、一般的に強いと言われているに過ぎません。

さて、睡眠サプリですが、睡眠サプリは体内で睡眠に必要な成分を補うことが目的です。
あくまで自然な眠りのサポートを行うものであり、強い弱いはありません。その代わりに

・その人に合ったもの
・値段
・それぞれの成分非

などに違いだあるだけです。
しかし、睡眠にトラブルのある人が抱えている問題は、ただ睡眠薬で強引に眠れば解消するというものではありません。
翌日の行動に支障が出るほど眠気が残ったり、依存してしまったりしてはなんの解決にもなりません。

わたし達が求めるのはあくまで自然な熟睡感です。そのサポートをする睡眠サプリ。効果を感じれなかった場合の返金保障制度があるものもありますから、ぜひ一度試してみて下さい。

潤睡ハーブ

このジャンルのサプリランキング1位の実績
・爆発的な人気の「潤睡ハーブ」。
・発酵GABAその他の成分が全て天然素材のため安心。
・85%以上の人が効果を実感。
・キャンペーン中につき1粒66円から飲み始められる。
合わなかった場合は10日間の安心返金保証

リラクミンシリーズ

・メンタルサプリの専門店から「不眠のタイプ」に合わせた購入が可能
・不眠のタイプに合わせて購入できるので効果が実感しやすくなります!

爽眠アルファ

・テアニンの効果で熟睡感・中途覚醒時間の減少など睡眠の質を高める。
・今なら7520円→1950円で!

-睡眠薬
-,

Copyright© 睡眠サプリでぐっすりと , 2018 AllRights Reserved.