睡眠サプリのオススメはこちら!

睡眠サプリでぐっすりと

成分について

メラトニンは睡眠に良い?サプリで摂取できる?

投稿日:2017年2月26日 更新日:

メラトニンとは?睡眠に良いの?

メラトニンは脳の松果体から分泌されるホルモンのことを指し、60年以上も前からアメリカを中心に研究が進められていました。

このホルモンが体内でどのような働きを担ってくれるのか見ていきましょう。

①メラトニンが分泌されると自律神経の副交感神経が優位な状態となる
②脈拍や体温、血圧が低下して睡眠の準備ができたと脳に知らせる
③分泌量が多ければ多いほど自然な眠りへと導いてくれる

睡眠のリズムを整える働きがあることが判明し、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

分泌量は1日の中で変化し、寝起きから15時間~16時間程度が経過すると最大量になるのが特徴です。

メラトニンの働きによって私たちの生活リズムが整っていると言っても過言ではなく、生物が生まれながらに持っている時間測定機構の体内時計を上手くコントロールしてくれます。

・昼夜逆転の不規則な生活を長期間に渡って送っている
・部屋に閉じこもっていて太陽の光を浴びていない
・朝に起きたり夜に起きたりと起床時間が定まっていない

上記のような生活を送っているとメラトニンの分泌量が低下しやすく、「寝付けない」「夜中に起きてしまう」「朝起きてグッタリとする」といった不眠症状で悩まされやすいので注意しなければなりません。

メラトニンはサプリメントで摂取できるの?

メラトニンを含むサプリメントは睡眠薬や睡眠導入剤と比較し、副作用が少なくて安全に入眠を促すサポートをしてくれます。

そのため、海外ではメラトニン タイムリリースやメラトニンファストディゾルブといった睡眠サプリが人気を得ているものの、残念ながら日本では販売されていません。

睡眠の悩みを改善する力が強いのは紛れもない事実ですが、日本では医薬品指定なので薬局やドラッグストアといった実店舗では購入できないのです。

そこで、日常生活の中でメラトニンを増やすために以下の対策を行ってみましょう。

・朝日を浴びることで脳が覚醒して15時間~16時間後に分泌が始まる特性を活かし、寝起きに太陽光をしっかりと浴びる
・朝に起きて夜には眠るという規則正しい生活を送る(毎日同じ時間に起床する)
・メラトニンの生成の材料となるトリプトファンを含むバナナやヨーグルトを食べる

こういった生活を心掛けることで体内時計が整い、無理をしなくても自然と眠れるような状態を作れます。

メラトニン以外の睡眠サポート成分を含むサプリメントであればネット通販で購入でき、潤睡ハーブは上質な休息のための成分や栄養素が豊富に含まれているので一度飲んでみてください。

>>潤睡ハーブの詳細はこちら<<

 

潤睡ハーブ

このジャンルのサプリランキング1位の実績
・爆発的な人気の「潤睡ハーブ」。
・発酵GABAその他の成分が全て天然素材のため安心。
・85%以上の人が効果を実感。
・キャンペーン中につき1粒66円から飲み始められる。
合わなかった場合は10日間の安心返金保証

リラクミンシリーズ

・メンタルサプリの専門店から「不眠のタイプ」に合わせた購入が可能
・不眠のタイプに合わせて購入できるので効果が実感しやすくなります!

爽眠アルファ

・テアニンの効果で熟睡感・中途覚醒時間の減少など睡眠の質を高める。
・今なら7520円→1950円で!

-成分について
-, ,

Copyright© 睡眠サプリでぐっすりと , 2018 AllRights Reserved.